Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.25
Nov 2004

日本緩和医療学会 ニューズレター第25号

ポスターセッション
緩和ケアチーム4
司会・報告 : 松江市立病院麻酔科  安部 睦美
 このセッションでは様々な面から緩和ケアチームにおける成果、問題点、課題などの発表が行われた。
 P2-7:緩和ケアチームを結成して、大学病院内での緩和ケアの普及を目指している発表であった。徐々に主治医からの依頼も増えており、緩和ケアの理解度が次第に高まってきているとのことであった。しかしマンパワーの不足、「緩和ケア=ターミナルケア」との間違った理解に対する啓蒙活動が今後の課題となっている。
 P2-8:緩和ケア病棟開設に先駆けて、緩和ケアチームを立ち上げ、テレビ電話や地域医療連携ネットワークを活用して在宅への移行、そして療養支援に特に力を入れて取り組んでおられた。それにより緩和ケアに携わる人的ネットワークも拡がりつつあるという緩和ケアチームの新たなる役割を示された。
 P2-9:緩和ケアチーム発足により、疼痛治療ガイドラインに沿った疼痛コントロールができるようになり、院内の疼痛コントロールのレベルアップにつながった。また薬剤師がチームに参加することにより、オピオイド鎮痛薬の使用状況の把握、適正使用にも貢献することができるというチーム医療の長所が浮き彫りになった発表であった。
 P2-10:緩和ケアチームがかかわることにより、症状緩和に対する役割は大きく果たしていると考えられるが、投与方法のアドバイスを主治医が採用しなかったり、依頼後に患者が拒否したりなどの問題点が指摘され、医師への緩和医療の理解、さらにチームをどのように活用していくかとの課題の提起があった。
 P2-11:ケアチームと病棟スタッフとの情報の共有を目的として緩和ケア評価表を作成することにより、問題となっていた情報交換不足が改善され、情報の共有ができるようになった。しかしさらなる患者−病棟−ケアチームの相互理解を深める必要性を見いだした発表であった。
 P2-12:緩和ケアチーム結成後3年間の活動状況のまとめであった。疼痛関連の依頼が最も多く、チームの関与が良好に影響していたという内容であった。緩和ケアマニュアルも添えられており次第に緩和ケアチームが病院全体に理解されつつあることが感じられた。
緩和ケアチームは緩和ケアにおける新しい形態で、今後更なる発展が望まれるが、責任の所在、チームと病棟スタッフとの役割分担、医師の緩和ケアへの理解度の温度差、さらにチーム加算も条件が県によって異なるなど、今後への期待、課題を考えることのできる機会となった。

Close