Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.25
Nov 2004

日本緩和医療学会 ニューズレター第25号

ポスターセッション
体制2
司会・報告 : 宇部興産中央病院  篠崎 文彦
 筆者が担当したのはP1-103からP1-108までの6題であった。ここでは主に緩和医療について各病院での取り組み及びがんに対する相談や緩和医療における医療事故防止対策について報告があった。
 仙台市立病院の小松らは院内に緩和医療を考える会を設置し医師や看護師のみならず殆ど職種の人達が参加しがんの他、小児の脳死、痴呆やALS、骨髄バンクなどにもついても対象とし症例検討を行っていた。この中では遺族のほか、心理療法士、チャプレン、ソーシャルワーカー、哲学者もまじえて検討を行っており、医学的側面だけではなくより全人的な視野から学ぶことができたと報告した。
 奈良県立医大山崎らは、肝細胞癌で死亡した患者に対し、デス・カンファレンスについての検討であった。報告では、今まで認識し得なかった課題やスタッフ間の知られていなかったことが明らかにされ、多くの成果が得られたことが明らかにされた。
 厚生連高岡病院の高瀬らは疼痛緩和マニュアル作りとスタッフ教育−緩和医療体制の充実に向けて−と題して報告した。緩和ケア病棟の設置を進めるため院内の緩和医療委員会をたちあげ院内勉強会で講義した内容をPower Pointのノート方式でまとめ、それでマニュアルを作製し活用していた。マニュアルの主要部分は薬剤の具体的な使用方法、使用順序について記載されていた。
 大阪中津済生会病院の京本らは癌・終末期医療と医療事故防止−全病院規模での取り組みの必要性と題して終末期・緩和医療のあり方の特徴のなかで3年間のインシデント・レポートを分類し報告した。このなかでやはり「転倒・転落」の頻度が圧倒的に多いことを明らかにした。
 横浜旭中央総合病院の伊奈は、乳がん相談室の実際について報告した。相談の内容はがん告知や症状の説明によるものが主で、患者・家族の心理的不安を取り除くことを目的としている。相談者は患者・家族の情報を診療室から受け取り、看護過程の手法にそっていろいろと介入してゆき術後の後療法について、また再発や転移の不安、ボディーイメージと自己概念などについて専門看護師としての関わりを述べた。
 山口大学の谷田は『臨床倫理相談員(室)システム化の提案』と題し報告があった。現在緩和医療の倫理問題については患者本人・家族また医療者側も相談するところがなく、多くの悩みを抱えている。今後は第三者的に相談できるシステムの構築が必要であると述べ、必要な知識と技能を取得するための講座や人材の養成が重要な課題であると述べていた。

Close