Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.25
Nov 2004

日本緩和医療学会 ニューズレター第25号

ポスターセッション
緩和ケアチーム2
司会・報告 : 島根大学医学部附属病院 緩和ケアセンター  新田 美鈴
 当セッションでは、「緩和ケアチーム」の活動報告4演題・ナースの役割開発1演題・介入効果1演題の計6演題の発表があり、活発な質疑応答が行われた。
 P1-7:緩和ケア対策委員会が、週1回の回診、勉強会の開催、麻薬使用マニュアルなどの作成を行っているとの報告があった。スタッフの兼務での活動の限界、病棟スタッフとの役割分担などについて同じ問題を持つ施設も多く、活発な議論がなされた。
 P1-8:ターミナルケア研究会発足前後で麻薬使用量の大きな変化はみられていなかったが、疼痛緩和におけるレスキューの意義が浸透し速放性モルヒネ製剤の使用が増加したことが示された。加えて薬剤指導の充実などについても報告された。
 P1-9:フォーカスグループの結果から緩和ケアチームにおけるナースの役割開発の方向性について考察された。方向性や役割・機能を確立するための基盤として、緩和ケアの実践としての専門性を高め、スタッフ間のコミュニケーションが重要であると報告された。他職種においても同様な研究がなされることを期待する。
 P1-10:東大緩和ケアチームがデータ・ベースとして使用しているSTASを集計し、疼痛・症状・distressのコントロールについて分析した介入効果が評価された。疼痛・症状コントロールについては役割を果たしているが、患者・家族・医療スタッフのdistressの改善には効果が確認できなかったと報告された。今後のチームのあり方を考えさせられる報告であった。
 P1-11:緩和ケアチームによる漢方薬使用のマニュアル化、東洋医学科との連携などによる適切な漢方使用の促進が患者のメリットとなり、今後は有効性と安全性の立証が課題であると報告され、今後の広がりが期待された。
 P1-12:緩和ケア研究会が「疼痛治療マニュアル」と「ペインチャート」の浸透活動を行っており、月1回の症例検討を通してチーム活動を推進している。リハビリテーション科との連携により患者を支えた症例が報告され、加算を取らない形でのチーム活動での院内連携の努力がうかがわれた。
 一般病棟での緩和ケアの普及と推進には緩和ケアチームの広がりと質の向上が必須であり、今後のさらなる研究と発展が期待される。

Close