Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.24
Aug 2004

日本緩和医療学会 ニューズレター第24号

ポスターセッション
鎮痛6
司会・報告 : 帝京大学溝口病院  北原 雅樹
 このセッションでは、5題の演題について活発な討論が行われた。
 P2-19 「オキシコドン徐放剤の効果遷延が疑われた2症例」東大阪市立総合病院麻酔科疼痛緩和外来 西嶌昌子先生 他; オキシコドンは肝臓で代謝され、代謝産物にはほとんど生物学的活性がないとされており、理論的には腎機能障害でも効果遷延は起こらないはずである。臨床は必ずしも理論どおりではないことの好例である。
 P2-20 「癌性疼痛管理に対するオキシコンチンを使用したタイトレーション」大分大学医学部脳・神経機能統御講座麻酔科 奥田健太郎先生 他; 小用量の徐放性オキシコンチン製剤を用いて速やかにタイトレーションを行うのはなかなか大変である。速放製剤や静注薬ができるだけ早期に使用できるようになる事が望まれる。
 P2-21 「当院における塩酸オキシコドン徐放剤の使用経験」石川県済生会金沢病院外科 龍沢泰彦先生 他; オピオイドローテーションやオピオイドコンビネーションが行われた症例もあったが、保険の対応も含め、今後日本でも十分な議論が必要になろう。
 P2-22 「癌性疼痛緩和におけるモルヒネおよび代謝産物の臨床効果とオピオイドμ受容体OPRM1遺伝子多型との関連性について」 北海道大学大学院薬学研究科臨床薬剤学分野 井関健先生 他; オピオイドの副作用や効果の個人差を遺伝子レベルから理解しようとする研究で、日本人と欧米人の遺伝子頻度の違いなど、極めて興味深い内容だった。
 P2-23 「モルヒネ15,000mg/日にて疼痛コントロールを行った痔瘻癌再発の一症例」大田原赤十字病院外科 赤松英敏先生 他; 大量のモルヒネを用いても臨床上問題なく疼痛管理が行われていた。併用療法のさらなる検討が必要だろう。
 学会最終日の金曜日、しかも午後最後のセッションにも関わらず、多数の参加者による熱心な討議が行われ、座長をさせていただいてとても楽しかった。

Close