Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.23
May 2004

日本緩和医療学会 ニューズレター第23号

学会印象記
国際セミナー報告
昭和大学病院  松林 幸子
 2004年1月11日に、昭和大学病院・五味邦英病院長の大会長で、昭和大学上條講堂において、「緩和ケアチーム−その役割・運営・評価をめぐって」をテーマに開催された。
 基礎講演では、ウエールズで緩和ケアコンサルタントとして活動されているDr. Susan P. Clossが、“院内緩和ケアチームはどんなインパクトを与えるか?”と題し、院内緩和ケアチームの歴史と背景、院内緩和ケアチームの利点と欠点などについて発表があった。最後に、将来への提言として、個々の病院での最適なチーム構成や経済効果を示すために評価が必要であると述べられた。次に、オーストラリアでクリニカルナースコンサルトとして活動されているMs.Raelene Reesが、“緩和ケアコンサルテーションチームメンバーのナースの役割とその挑戦、個人的展望” と題し、緩和ケアチームの看護師の活動についての発表があった。クリニカルナースコンサルタントが責任を持つ内容として、(1)臨床でのサービス(患者の痛みやその他の症状についてのアセスメント・医療スタッフへのアドバイス) (2)教育(医師・看護師の教育、患者・家族への教育) (3)研究 (4)患者/家族/スタッフサポート (5)退院計画&連携 (6)擁護(患者側に立ち、患者の自律と選択を尊重する)であると述べられた。
 パネルディスカッションでは、内富庸介氏(精神科医)・下山直人氏(緩和ケア医)・梅田恵氏(がん看護専門看護師)が、それぞれの立場から“日本における緩和ケアチームの今後の方向性”について発表があり、最後に、参加講師全員による全体討議が行われた。
 2002年4月診療報酬改定において、緩和ケア診療加算が新設されたことにより、院内コンサルテーション型緩和ケアチームの数は急増している。しかし、これまでの緩和ケア領域における学会・セミナーにおいては、症状マネジメントなどに焦点を当てたものがほとんどであり、緩和ケアチームの活動自体について話し合われるものはなかったように思われる。よって、今回のセミナーに参加できたことは大変有意義であり、緩和ケアに携わる者として、今後もチームの発展のために努力していきたいと考える。

Close