Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.19
May 2003

日本緩和医療学会 ニューズレター第19号

Journal Club
Quality of life, Life Satisfaction, and Spirituality Comparing Outcomes between Rehabilitation and Cancer Patients
千葉県がんセンター整形外科  安部 能成
Tate DG, Forchheimer: Quality of life, life satisfaction, and spirituality: Comparing outcomes between rehabilitation and cancer patients.
Am J Phys Med Rehabil 2002; 81: 400-410.

目的:異なった患者集団における、生き甲斐、人生の満足度、充実した人生、の相違点について決定する。また、がん患者とリハビリテーション患者において、前述の3つの帰結に、どのような要因が関係しているかを決定する。
研究計画:
対象者を5つの診断別集団に階層化した。次に、追加的分析目的に従って患者のデータを大きく二つのコホートに再度グループ化した。全対象にはアンケートを1回実施。各スコアとの相関関係はコンピュータ処理し、回帰モデルを明示する。
結果:本研究の測定によれば、充実した人生に関し、患者集団の相違がみられた。同様に、生き甲斐の充足度と人生の満足度にも相違点があった。生き甲斐は、充実した人生と人生の満足度、の両方に関係していたにもかかわらず、多様な状況において意味のある予測可能因子とはならなかった。
結論:一般に、前立腺がんの患者はすべての測定因子において高いスコアを示した。生き甲斐は、人生の満足度と充実した人生の両者と高い相関を示したが、同時に、リハビリテーション患者における人生の満足度を量る重要な予測因子であった。社会的役割行動や機能的満足度などの充実した人生に関する特定要因を加えることにより、年齢、婚姻、就労、などの要因が、充実した人生全般に関連していることが示唆された。
キーワード:脊髄損傷、ポリオ、切断、がん、充実した人生(quality of life)、人生の満足度(life satisfaction)、生き甲斐(spirituality)
解説:著者はミシガン大学の脊髄損傷計画に所属する研究者。ここでは乳がんと前立腺がん、合わせて72名のターミナルを除外した患者と、136名のリハビリテーション患者、合計208名を対象としている。質的項目に関するデータを各種のアンケートによって抽出し、統計処理により結論づけたもので、リハビリテーション医学の分野では珍しい論文である。

Close