Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.18
Feb 2003

日本緩和医療学会 ニューズレター第18号

学会印象記
第26回日本死の臨床研究会年次大会に参加して
聖路加国際病院PCU  小和田美由紀
 第26回日本死の臨床研究会年次大会が、11月23〜24日、群馬県高崎市にて行われました。私自身、地元の高崎において、この様な大会が行われることで、市民がどのような反応をし、未来にどんな影響をもたらすのかと期待を踏まえての参加でした。
 今大会のテーマは「死を見つめた中で、いかに生きるか」ということで、「生と死を越えて」と題され、頚椎損傷にあい、絶望の中から詩画の世界を築かれた星野富弘さんをお迎えしての特別企画としての対談がありました。たくさんの演題や事例検討、講演を選択し参加しました。たくさんの演題に、改めて深く幅広い領域があることを痛感させられました。緩和ケアにまつわる知識の習得ばかりを期待して参加してきた学会とは違い、今大会は「ボランティア・市民活動」や「死への準備教育」、「生命倫理・死生観」なども興味深く、様々な立場の方々の意見や見解を学ぶことができました。市民公開セッションも開かれ、一般の方々も幅広く参加されており、大会を盛り上げていたように思いました。
 Narrative Therapyという言葉を、今大会でも何度か耳にしました。今大会を振り返ると、いくつかのキーワードが思い浮かぶ中のひとつに、このNarrative Therapyがあります。臨床の中で日々行っていることではありますが、難しいことでもあります。“患者様の物語に寄り添って治療方針を決めること”大切な言葉と感じました。
 Death Educationも、ここ数年で変化してきていると思いました。死について語ることがタブーとされていた時代から、市民の中でも少しずつオープンとなってきているのを感じることが出来ました。
 地方で、この様な大会が開催されることは、医療職だけではなく、一般市民にとっても影響力があり、意義深いことと思います。これを機に、地域においても他職種が集い、意見交換できる場をもてたらと思っています。

Close