line
苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン(2010年版)

目次にもどる

6章 文献的検討の要約
1 医学的検討
4
使用薬剤
 複数の薬剤の有用性を比較した無作為化比較試験はない。
 表5に鎮静に使用された薬剤をまとめた(Cameron 2004;Chiu 2001;Fainsinger 1998a, 2000a, 2000b;池永 1995;Kohara 2005;近藤 2002;Morita 1996d;Stone 1997b;Sykes 2003)。15報告のうち13報告でミダゾラムが最も高頻度に使用されていた。ミダゾラムの投与量の中央値は10〜53mg/日,投与量の範囲は5〜180mg/日であった。症例報告やケースシリーズも含めた系統的レビューにおいて,投与量の中央値は35mg/日,範囲は10〜480mg/日であった(Cowan 2001)。
 ミダゾラムのほかに,ジアゼパム,ロラゼパムなどのベンゾジアゼピン系抗不安薬(Chiu 2001; 池永 1995;Fainsinger 1998a, 2000a, 2000b;Morita 1996d;Smales 1989), ハロペリドール,クロルプロマジン,レボメプロマジンなどの向精神薬(Cameron 2004;Chiu 2001;Fainsinger 1998a, 2000a, 2000b;池永 1995;Kohara 2005;近藤, 2002;McIver1994;Morita 1996d;Stone 1997b;Sykes 2003),フェノバルビタールなどのバルビツール系薬(Cheng 2002;茅根1999;Fainsinger 2000b;Greene 1991;池永 1995;Morita 1996d;Stirling 1999;Stone 1997b;Sykes 2003;Truog 1992),および,プロポフォール(Lundström 2005;Mercadante 1995;Moyle 1995;Sykes 2003)がときに用いられていた(表5)。
 以上より,鎮静に用いられる標準的薬剤はミダゾラムであると考えられる。状況によっては,その他のベンゾジアゼピン系抗不安薬,向精神薬,バルビツール系薬,あるいは,プロポフォールが用いられる。
表5 使用薬剤
  池永
1995
Morita
1996d
Stone
1997b
Fainsinger
1998a
Fainsinger
2000a
Fainsinger
2000b
ベンゾジアゼピン系抗不安薬            
  ミダゾラム (%) 46 55 80 61 50 80
  投与量 囲(mg/日)       15−60 24−144 5−60
      中央値(mg/日)       30 24 15
  ジアゼパム (%)   15     10 0
  ロラゼパム (%)       4.3 10 0
  その他 (%) 0.7 6 0 30    
向精神薬            
  ハロペリドール (%) 18 33 37     20
  ドロペリドール (%) 2.2          
  クロルプロマジン (%)   4 0 4.3   0
  レボメプロマジン (%)     33   20 0
バルビツール系薬            
  フェノバルビタール(%) 59   3     0
  その他 (%) 3.6 4        
プロポフォール (%)            
(表5 つづき)
Fainsinger
2000b
Chiu
2001
近藤
2002
Sykes
2003
Cameron
2004
Kohara
2005
               
88 51 82 17 35 82 60 98
10−45 5−135 15−180   10   7.5−40 51.7−66.7
23 15 53          
4 6 5          
11 15 0          
  3   10        
               
0 18 0 50 33 35 65 84
        4.3      
0 3 0 2.8       5
0 0 5     22    
               
0 0 3     4.4    
               
          0.9    

目次にもどる