line
苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン(2010年版)

目次にもどる

2章 開発過程
1 開発過程
3
文献の根拠の水準と推奨レベル
 各論文の根拠の水準を評価するために,Oxford Centre for Evidence−based Medicine Levels of Evidence (2001)を使用し,レベル4をさらに6つに分類した(表1)。得られた論文の根拠のレベルはほとんどが4以下であった(文献の各文末に記載)ため,根拠の水準に基づく推奨レベルは用いなかった。
表1 本ガイドラインで使用した根拠の水準
1a Randomized controlled trial の系統的レビュー
1b Randomized controlled trial
1c 全か無かの case series
2a Cohort study の系統的レビュー
2b 質の高い cohort study
2c Outcome research, ecological studies
3a Case−control study の系統的レビュー
3b 質の高い case−control study
4a Randomized controlled trial 以外の介入研究
4b 質の低い cohort study
4c Cross−sectional study
4d 質の低い case−control study,あるいは,case series
4e Case reports
4f 質的研究
5 専門家の意見

目次にもどる