line
苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン(2010年版)

目次にもどる

1章 はじめに
1 ガイドライン作成の経緯と目的

 一部のがん患者は,意識を保つことを前提とした緩和ケアでは緩和することができない苦痛を体験する。鎮静は,こういった緩和困難な苦痛に対する手段の一つであるが,医師,あるいは,施設による施行率に大きな差があり,緩和ケアの経験や考え方が施行に影響している。鎮静が過剰に行われた場合,意識を低下させずに緩和され得る苦痛をもった患者に不必要な意識低下をもたらすという好ましくない現象が生じる。一方,鎮静によってしか緩和されない苦痛をもった患者に鎮静が適用されなかった場合,患者は不必要な苦痛を強いられることになる。特に,深い持続的鎮静は患者・家族に与える影響が大きい。
 苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン2010年版(以下,本ガイドライン)作成の目的は,医師や看護師が鎮静,特に深い持続的鎮静を適切に行い得るよう支援することを通じて,患者がより質の高いケアを受けられるようにすることである。

 本ガイドラインは,2005年に公開された「苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン」(以下,2005年版ガイドライン)をもとにして作成された。2005年版ガイドラインは,厚生労働省厚生科学研究「がん医療における緩和医療及び精神腫瘍学のあり方と普及に関する研究」班(以下,当該班)の「苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン作成委員会」(以下,鎮静ガイドライン作成委員会)が作成し,日本緩和医療学会理事会が承認したものである。なお,2005年版ガイドラインは,日本緩和医療学会の会員向けに公開されたものであり,現在は資料として日本緩和医療学会ホームページにて公開されている。


目次にもどる