line
がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2010年版)

目次にもどる

2章 背景知識
8 薬物療法以外の疼痛治療法
3
経皮的椎体形成術(骨セメント)
5
本邦の状況と椎体形成術の扱い
 椎体形成術が有痛性椎体悪性腫瘍に対し、臨床的に良い結果を示す場合のあることは紛れもない事実である。しかしながら、その成績について十分な情報が蓄積されているとは言い難く、特に対象とすべき症状の範囲、安全に施行しえる限界、他の治療法との組み合わせ、まれな有害事象の頻度など、国内外を問わず多くの検討課題が残されている。一方、国内では、骨粗しょう症に対する椎体形成術と同列に語られる場合が多いため、整形外科医を含めさまざまな意見が混在し、十分なコンセンサスは形成されていない。他方、経皮的椎体形成術に使用する骨セメント製剤が2009年12月に薬事承認されたものの保険収載はされていない。ただし、2008年4月より高度医療評価制度の一貫として、これを申請した施設では、10数万円の患者自己負担のみで保険診療との併用が容認され、その成績についても前向き研究としての集積(JIVROSG-0703)が行われている。このため、今後も先進医療等、何らかの措置により本邦でもこの治療法が可能になるものと思われる。
 このような過渡期状況において最も重要なことは、「この治療法が有効性はあるものの一定のリスクをもち、かつ、その内容について十分な臨床データが蓄積されていない」という事実を正しく患者に伝え、その不確実性について十分な理解を得たうえで同意をとる慎重な姿勢である。また、実施については、可能であれば、前述の高度医療評価制度における椎体形成術施行施設で行うことが望ましく、また、これが困難な場合にも、適応の判断も含め、その技術についての知識を有するIVR専門医と連携して行うことが望まれる。加えて痛みの原因についての判断には、神経内科医や整形外科医、麻酔科医などの判断が必要になる場合があり、さらに頻度が低いとはいえ、種々の合併症に対する緊急対応には整形外科医、麻酔科医の援助が不可欠であり、これらの診療科の連携が得られる状況下で行われる必要がある。
(日本インターベンショナルラジオロジー学会 荒井保明)
【参考文献】
1)
Galibert P, Deramond H, Rosat P, et al. Preliminary note on the treatment of vertebral angioma by percutaneous acrylic vertebroplasty. Neurochirurgie 1987; 33: 166-8
2)
Cotten A, Boutry N, Cortet B et al. Percutaneous vertebroplasty: state of the art. RadioGraphics 1998; 18: 311-20
3)
馬場康貴, 大久保幸一, 濱田健司, 他: 転移性溶骨性骨腫瘍に対する経皮的椎体形成術(経皮的骨セメント局注療法)の1経験例. 日医放会誌 1997; 57: 880-2
4)
小林 健, 高仲 強, 松井 修, 他: CT透視を用いた経皮的椎体形成術の有用性. IVR会誌 1999; 14: 343-8
5)
Barr JD, Barr MS, Lemley TJ, et al. Percutaneous vertebroplasty for pain relief and spinal stabilization. Spine 2000; 25: 923-8
6)
Weill A, Chiras J, Simon JM, et al. Spinal metastases; indications for and results of percutaneous injection of acrylic surgical cement. Radiology 1996; 199: 241-7
7)
Murphy KJ, Deramond H. Percutaneous vertebroplasty in benign and malignant disease. Neuroimaging Clin N Am 2000; 10: 535-45
8)
Padovani B, Kasriel O, Brunner P, et al. Pulmonary embolism caused by acrylic cement; a rarecomplication of percutaneous vertebroplasty. AJNR 1999; 20: 375-7
9)
Chiras J, Depriester C, Weill A, et al. Percutaneous vertebral surgery. Technique and indication. J Neuroradiol 1997; 24: 45-59
10)
Grados F, Depriester C, Cayrolle G, et al. Long-term observations of vertebral osteoporotic fractures treated by percutaneous vertebroplasty. Rheumatology 2000; 39: 1410-4
11)
Jensen ME, Kallmes DE. Percutaneous vertebroplasty in the treatment of malignant spine disease. Cancer J 2002; 8: 194-206
12)
Kaufmann TJ, Jensen ME, Ford G, et al. Cardiovascular effects of polymethyl methacrylate use in percutaneous vertebroplasty. AJNA 2002; 23: 508-9
13)
McGraw JK, Heatwole EV, Strnad BL, et al. Predictive value of intraosseous venography beforepercutaneous vertebroplasty. J Vasc Interv Radiol 2002; 13: 137-8
14)
Shimony JS, Gilula LA, Zeller AJ, et al. Percutaneous vertebroplasty for malignant compression fractures with epidural involvement. Radiology 2004; 232: 846-53
15)
Cheung G, Chow E, Holden L, et al. Percutaneous vertebroplasty in patients with intractable pain from osteoporotic or metastatic fractures: A prospective study using quality-of-life assessment. Can Assoc Radiol J 2006; 57: 13-21
16)
Kobayashi T, Arai Y, Takeuchi Y, et al. Japan Interventional Radiology in Oncology Study Group (JIVROSG): Phase Ⅰ/Ⅱ clinical study of percutaneous vertebroplasty(PVP)as palliation for painful malignant vertebral compression fractures(PMVCF): JIVROSG-0202. Ann Oncol 2009; 20:
1943-7

目次にもどる