line
がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2010年版)

目次にもどる

2章 背景知識
4 薬理学的知識
3
鎮痛補助薬
1
鎮痛補助薬の定義
義] 主たる薬理作用には鎮痛作用を有しないが、鎮痛薬と併用することにより鎮痛効果を高め、特定の状況下で鎮痛効果を示す薬物である。
説] 「鎮痛補助薬」の定義には広義のものと狭義のものとがある。
 広義のものは、WHO方式がん疼痛治療法をはじめとして採用されているもので、制吐薬などの副作用対処薬を含む。2000年に公表した日本緩和医療学会の「Evidenced based Medicineに則ったがん疼痛治療ガイドライン」では、鎮痛を目的として使用するものを第1種鎮痛補助薬、それ以外を第2種鎮痛補助薬と定義した。
 本ガイドラインでは、LussierらのOxford Textbook of Palliative Medicineの記載を参考に、鎮痛補助薬として上記のように狭義の定義を用いた。

目次にもどる