line
がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2010年版)

目次にもどる

1章 はじめに
1 ガイドライン作成の経緯と目的
 診療ガイドラインとは、医師をはじめ医療者と患者が関わる特定の臨床的な状況において、医療者および患者が適切な判断をするために体系的にまとめられた臨床指針と考えられる。そのようなガイドラインに求められる要件は、まずそこに記載されている推奨や勧告が信頼できることである。すなわち、すべての重要な選択肢や推奨が記載されており、それらは明確で実際的な方法により選択されたエビデンスに基づいており、かつ専門家の客観的評価を受けていることが重要である。さらに、ガイドラインの推奨や勧告に妥当性があり、しかも現実的で臨床的意義のあることが重要である。ただし、いかに優れたガイドラインでも、すべての患者に適用できるわけではない。ガイドラインを「金科玉条」とすることは、厳に戒めるべきことである。
1
ガイドライン作成の経緯
 本ガイドライン作成の経緯について述べる。日本緩和医療学会(以下、当学会とする)は2000年7月に「Evidence-Based Medicineに則った がん疼痛治療ガイドライン」(以下、がん疼痛治療ガイドラインとする)を出版した。その後、がん疼痛治療ガイドラインは2003年から2005年にかけて厚生労働科学研究費補助金「がん疼痛治療におけるオピオイド鎮痛薬の適正使用に関する研究」において、2000年以降の世界のがん疼痛治療ガイドラインの作成の状況、がん疼痛に関する新たな体系的レビューをふまえて改訂が試みられた。次いで、2006年から2008年にかけて厚生労働科学研究費補助金「緩和ケアのガイドライン作成に関するシステム構築に関する研究」において、がん緩和ケアの普及のための教育手段として、また、がん疼痛治療領域における臨床研究、基礎研究の推進に役立てることを目標として、新たな観点からガイドラインの作成が試みられた。当学会としては2008年6月の理事会において、これらの厚生労働科学研究費補助金による研究班の研究成果をふまえて、従来のがん疼痛治療ガイドラインに代わる新たなガイドライン「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン」(以下、がん疼痛ガイドラインとする)の作成が必要であると判断して、緩和医療ガイドライン作成委員会に「がん疼痛ガイドライン作業部会」を新たに組織して、学会の総力を結集してガイドラインの作成にあたることとした。「がん疼痛ガイドライン作業部会」には、ガイドライン作成作業を統括する「ステアリング委員会」を設け、その下に医師、看護師、薬剤師から成る100名に及ぶ執筆者グループを組織した。そのほか、外部委員も含めた評価委員も加えて、総勢112名の学会会員と協力者を得て、2008年10月から本格的な作成作業に取りかかった。
 がん疼痛ガイドラインの構成は「背景知識」と「推奨」に大きく2つに分けて執筆作業を進め、2009年8月に第1稿(原案)ができあがり、同年9月に第1回デルファイ法を実施した。デルファイ法は、専門家などがもつ直観的意見や経験的判断をまとめるためにアンケートを繰り返して、組織的に集約・洗練する意見収束技法の一つである。今回のデルファイ法の詳細は、「資料」の「作成過程」に譲るが、28名の評価者により実施した。第1回デルファイ法では、意見の収束をみた項目は「背景知識」と「推奨」の185項目中66項目、ほぼ収束をみた項目96項目、収束をしなかった項目23項目となった。第2回デルファイ法では、意見の収束をみた項目は184項目中134項目、ほぼ収束をみた項目43項目、収束をしなかった項目7項目となった。この時点で第3 回デルファイ法を実施するかどうか検討し、ステアリング委員会の判断として第2稿(暫定稿)をもって第3回デルファイ法と評価委員(外部委員を含む)による評価を同時に実施することとした。その結果、180項目のうち意見の収束をしなかった項目2項目のみとなり、これらの項目を除外してステアリング委員会としては、評価委員の意見も含めてデルファイ法による意見の収束を終了とした。

目次にもどる