学術大会・セミナー案内

指導者研修会(平成20年度厚生労働省委託事業)
医師に対する緩和ケア教育プログラム PEACE
(Palliative care Emphasis program on symptom management and Assessment for Continuous medical Education)

国民が、『いつでも、どこでも質の高い』緩和ケアを受けるためには、「がん対策基本法」およびそれに基づく「がん対策推進基本計画」に示されているように、すべてのがん診療に携わる医師が、緩和ケアの基本的な知識を習得していることが非常に重要な課題である。日本緩和医療学会では厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業「がん医療の均てん化に資する緩和医療に携わる医療従事者の育成に関する研究」班と協力し、平成20年4月に厚生労働省から出された「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」(平成20年4月1日付け健発第0401016号厚生労働省健康局長通知)に準拠する形で、医師に対する緩和ケア教育プログラムPEACE(Palliative care Emphasis program on symptom management and Assessment for Continuous medical Education)を開発し、それに基づく指導者の育成および緩和ケア研修会の開催に力を入れて取り組んでいます。このプログラムは、一般型研修会プログラム例、アイスブレーキング、緩和ケアの概論、症状アセスメント、がん性疼痛をはじめとする身体症状の緩和、そして地域連携に関する研修スライドからなっており現在作成されているのは以下のとおりである。

1) エンドユーザータイムテーブル(一般型研修会プログラム例)
2) PEACE スライド
   M-1:緩和ケア研修会の開催にあたって
   M-2:緩和ケア概論
   M-3:がん性疼痛の評価と治療
   M-4a:がん性疼痛事例検討
   M-5:オピオイドを開始するとき
   M-6a:呼吸困難
   M-6b:消化器症状(嘔気・嘔吐)
   M-7a:気持ちのつらさ
   M-7b:せん妄
   M-8:コミュニケーション
   M-9:地域連携と治療・療養の場の選択
   T-1:緩和ケア研修会とPEACEプロジェクト
   T-2:教育技法
   T-3:アイス・ブレイキング
3) 参加者ハンドブック
   表紙
   目次
   各モジュール表紙
   参加者ハンドブック
(1)〜(3)一括ダウンロード(zipファイル)
  リリースノート
  ・2008年12月版
  ・2009年01月版

4) なお、PEACEプログラムを行う際の研修会テキストとしては、今後、公開予定の日本医師会発行の『がん緩和ケアガイドブック』(http://www.med.or.jp/etc/cancer.htmlからダウンロード可能)の使用が推奨される。また詳細なものとしては、OPTIM(緩和ケアプログラムによる地域介入研究)のステップ緩和ケア、および患者家族用パンフレット(http://gankanwa.jp/ からダウンロード可能)があり、あわせてご利用していただきたい。

注) PEACEプログラムは、厚生労働省が定めた開催指針に基づく研修会を行う際のプログラムの一例であり、これに従って研修を行わなければならないというものではない。しかしながら、実際に緩和ケアの指導者が同研修会を開催する際のマテリアル、参考として有用であると考えたため掲載するものである。

5) プレテストおよびポストテストの実施については、日本ホスピス緩和ケア研究振興財団による『緩和ケア専従医のための自己学習プログラム』に多肢選択式の問題が多数収載され、詳細な解説がなされているため参考にされたい。(http://www.hospat.org/program.html

Top